逗子銀座通りクリニック

逗子市の内科、外科、心療内科、老年内科 逗子銀座通りクリニック

〒249-0006 神奈川県逗子市逗子1-7-3 百丹ビル2F
TEL:046-870-3401

 

Coffee Break

訪問診療



※上記QRコードを携帯で読み取っていただくと携帯サイトが閲覧できます。

トップページ»  医師のご紹介

医師のご紹介

院長 野口 芳一

 高齢化の進む逗子葉山の地で、皆様の頼れる健康パートナーとして、信頼できる医療を身近にとの理念を掲げ開院させていただきました。 病気にならないための健康管理、生活習慣病予防のアドバイスから病気の早期発見、そして病気になった時の対応、急性期の治療、慢性期の管理、そして加齢に伴う様々な症状とうまく付き合う方法までトータルでの医療サービスをご提供できればと願っております。
皆様の健康向上に少しでもお役にたつことができるよう努力してまいります。
院長 野口 芳一

 

略歴

三重大学医学部卒業 医学博士 MBA(Temple University)
横須賀米国海軍病院(横須賀ベース内)、横浜南共済病院にて研修
横浜市立大学入局、平塚共済病院、癌研究会付属病院、横浜南共済病院外科医長をへて
横浜市立大学講師、横浜市立港湾病院診療担当部長、湘南東部総合病院院長などを歴任

がんの外科治療、抗がん剤治療、緩和医療~終末期医療までを専門とする中で、高齢者医療、癌の在宅医療にも早くから取り組んできました。在宅、往診も担当します。

海外留学、勤務

Memorial Sloan-Kettering Cancer Center (New York)
Gotenborg University (Sweden)
Tubingen University (West Germany)

学会略歴 など

  • 日本外科学会認定医 1990 認定医 終身
    専門医 2003-2014  指導医 1996-2016
  • 日本消化器外科学会 1990 認定医 終身
    専門医 2005-2014  指導医 2000-2015
  • 日本臨床腫瘍学会
    暫定指導医 2004-2014
  • 日本緩和医療学会
    暫定指導医 2011-2021
  • 日本静脈経腸栄養学会 評議員
    アメリカ外科学会フェロー(FACS)
  • アメリカ臨床腫瘍学会 名誉会員 (Emeritus member)
    日本薬科大学 客員教授 

 

著書

<共著>

●癌と臨床栄養

これまで、癌の患者に対して、癌自体の治療にのみ目が向けられ、癌治療の効果をも左右する栄養状態の悪化には目が向けられていませんでした。 
この本は、癌を有する患者の栄養管理を、基礎から臨床まで網羅的にまとめた初めての教科書です。
第1章 癌細胞の栄養と代謝  を執筆しています。
 

●Endosurgery for Cancer

Steve Eubanks (Duke University), Fredrick Brody (Cleveland Clinic), Rid N. Younes (Sao Paulo) など世界的名医がまとめた、内視鏡(腹腔鏡や胸腔鏡)を癌の治療に用いた手術方法に関する教科書です。
第1章 腫瘍外科:腹腔鏡の役割 を執筆しています。
 

 

<こちらに紹介されました。>

●迷ったときの医者選び 神奈川

【あなたに“幸せな医療”を与えてくれるのは、スーパードクターではなく、身近に寄り添う良医です】 との書き出しで始まる本に、緩和ケアのセクションで紹介されています。
 

 

副院長 野口 淑子

略歴
三重大学卒業
県立厚木病院、国立衛生院などで研修後、横浜南共済病院第2内科入局、
消化器内視鏡部門で研鑽、内科医長を歴任、その後日本航空健康管理室にて内視鏡部門立ち上げ、国際宇宙医学会に所属、世界数十か国で現地医療施設と交流、日本から赴任された人々の健康管理にも携わってきました。日本航空退職後、熊谷病院(埼玉)で精神科を研修。その後、国内、外資系企業の産業医として健康管理、メンタルヘルスの分野で活動してきた内科医、心療内科医です。

資格、学会など
日本医師会認定産業医
(前)日本内視鏡学会認定医
Fellow of Academia Internationale de Medecine Aeronautique
(前)産業医科大学非常勤講師
副院長 野口 淑子