逗子銀座通りクリニック

逗子市の内科、外科、心療内科、老年内科 逗子銀座通りクリニック

〒249-0006 神奈川県逗子市逗子1-7-3 百丹ビル2F
TEL:046-870-3401

 

Coffee Break

訪問診療



※上記QRコードを携帯で読み取っていただくと携帯サイトが閲覧できます。

トップページ»  診療科目»  心療内科»  慢性頭痛と片頭痛

診療案内

慢性頭痛と片頭痛

頭が度々痛くなるため市販薬を常用している方も少なくないと思います。頭痛の原因は様々であり、その治療担当科も神経科、脳神経外科、内科、心療内科など多岐にわたります。頭痛が吐き気につながったり、気分が落ち込み何もしたくなくなったり、他の症状を引き起こす引き金にもなりかねません。悩まないで、一度ご相談されてはいかがですか?  

 

種類

1)脳の病変に起因するもの
風邪、インフルエンザでなどで高熱が出るとよく頭痛を伴いますが、それらとは異なり、脳出血、くも膜下出血などでは、突然に発症する“頭が割れるような”痛みを訴えることがあります。 髄膜炎では、頭痛のため頭を動かすことができなくなります。脳腫瘍では、他の神経学的症状に加え、常に頭が痛い、重い、などの症状が次第に強くなる傾向にあります。

2)慢性頭痛
慢性的に起こる頭痛では、片頭痛や緊張性頭痛、群発頭痛など良性機能性頭痛と呼ばれるものがそのほとんどで、薬剤の治療が主体となります。

3)片頭痛
片頭痛ではその字が示す如く、頭の片側、(時には両側)がずきずき痛みます。その頻度には個人差があり、月1-2回の人から毎週起こる人までさまざまです。

 

原因

脳血管内の血小板からセロトニンと呼ばれる物質が異常に放出され、これに反応して血管が収縮し血流障害が起こる。その後、セロトニンが枯渇すると血管が拡張、血管周囲の神経を刺激、サブスタンスPなどを放出し頭痛を引き起こすといわれています。難しいですが、要は、脳の血管の異常な収縮、拡張に伴って頭痛が引き起こされるものですが、後々脳に何らかの障害を超すものではありません。

 

症状

頭痛、吐き気やおう吐、光、音に対する過敏反応などが発作的に起こります。その程度にも個人差が大きく、強いときには仕事、日常生活も手がつかなくなることもあります。

前兆:頭痛が起こる直前に、閃輝暗点と呼ばれる視野の症状が起こることがあります。
視野の中にちかちかするものが現れ、それが次第に拡大し視野が欠損するようにな ます。これは数分から1時間持続、その後に激しい頭痛があらわれます。

予兆:頭痛が来る前になんとなく体調が悪い(頭痛が来そうな予感)を感じるときの症状を予兆と呼んでいます。具体的には、体のだるさ、イライラ、からだのむくみ、食欲の変化、眠気などです。

 

治療

片頭痛の治療薬は大きく変わってきました。

非ステロイド抗炎症薬:アスピリン(バッファリン)などでおなじみの頭痛薬です。末梢性鎮痛効果のほか、脳でプロスタグランディンと呼ばれる物質の産生を抑制します。予兆の時や他の薬のみでは効果不十分の時に用いられます。なお、ナイキサンは予防薬としても使われます。

エルゴタミン薬剤:麦角アルカロイドと呼ばれるもので、以前はこれが特効薬として使われていました。過剰な血管拡張を予防することで鎮痛効果を発揮します。その後トリプタン系の薬が開発され、使用頻度は減ってきました。

トリプタン系薬剤: セロトニン作動薬と呼ばれるもので、三叉神経の炎症を抑えたり、脳血管を収縮させることで鎮痛効果が発現します。これらの薬が開発され、より効果的に頭痛を抑えることが可能になってきました。

症状に合わせ最適な対処法をご相談します。
詳細は心療内科でご相談ください。